MBニュース&トピック

 

2015年8月21日 

■日本のモーターサイクル文化のリスタート! 「走ろう東北! MFJ東北復興応援ツーリング2015」10月17日より開催

発表会場にて、風間深志プロデューサーと日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)・大島裕志 会長。「MFJ東北復興応援ツーリング2015」は国際モーターサイクリズム連盟(FIM)の公認を取得した日本初のツーリング・イベント。今回はプレ・イベントとして行なわれ、2016年4月からはさらに本格的な活動を行なっていくという。

 パリ~ダカール・ラリー参戦やエベレスト登攀、、そして の企画などでお馴染み、ラリーストであり冒険家である風間深志氏がプロデュース、一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)が主催する「東北復興応援ツーリング2015」は、バイク乗りの楽しみの原点とも言える「ツーリング」を通じて社会貢献をできないか? という発想から生まれたプロジェクトだ。

 内容は、東日本大震災発生から4年が経過し、被災地への関心、応援意識が薄れつつある昨今、改めて東北沿岸部の復興サポートを目的に現地までツーリングしようというもの。が、現地で食事をし、お土産を買い、ガソリンを入れるといった行為は、今でも多くのライダーが実行していることだ。

レースの開催や参加ライセンスの発給など、モータースポーツのイメージが強いMFJだが、20年ほど前まではツーリング・イベントなどを開催していたという。一般ライダーと希薄となっていた繋がりを、MFJの競技委員も務める風間氏が今回のプロジェクトでは橋渡し的役割も担っている。

 「東北復興応援ツーリング2015」は、バイクユーザー(ツーリングライダー)がまず「MFJ BIG HEART CLUB」に事前登録するところから始まる。そして10月17日から11月30日までの期間、青森県・岩手県、宮城県、福島県の沿岸部を中心にツーリング。対象エリアの「道の駅」、地元スタッフがリストアップした「みちのくスポット」を訪れた証のスタンプを集めることに加え、参加者任意の訪問先(ガソリンスタンドで給油、理髪店で散髪、ボランティア活動など)から署名や捺印をもらい、様々な体験したこと、感じたことを活動レポートとして「東北応援の旅・ツーリング2015実行委員会」に提出、という流れに。

 尚、実行委員会はプロデューサーの風間氏を中心に総合的な審査を行い、その中から最優秀東北応援ライダーを決定。12月19日(土)のMFJランキング表彰式の場で表彰(5名)される。

 参加定員は500名(定員になり次第締め切り)、参加者の登録料は2,000円(税込/1名)となっている。また参加特典として①ツーリング活動手帳②BIG HEART CLUBカード③車両貼付用ステッカーが送られる。

 参加希望者はMFJオフィシャルホームページ(下記参照)より申し込み。受付期間は2015年8月21日(金)から11月20日(金)までとなっている。

 また、10月17日(土)にはキックオフセレモニーが「石巻市サン・ファンパーク」(宮城県石巻市渡波字大森30-2)にて開催される。

東北復興応援ツーリング 2015WEBサイト

2015年8月21日 

■カワサキモータースジャパン「Ninja 250SL 0.1%スペシャルクレジットキャンペーン」

 2015年9月1日(火)から11月30日(月)までの期間中、単気筒エンジンを搭載したスリム&ライトウェイト・スポーツ「Ninja 250SL」(濱矢文夫さんの試乗記は)を購入(新規登録)したKAZE会員は、0.1%(実質年率/36回支払いまで)からのスペシャルなクレジットが利用可能キャンペーンを実施。

 クレジットを利用しない人には、申請により2万円の用品クーポン(使用期限:2016年1月末)がプレゼントされる。

 特典いっぱい、カワサキライダーズクラブ・KAZEへの入会は新車購入時でも可能だ。

問:カワサキモータースジャパン お客様相談室
TEL:0120-400819

2015年8月21日 

■モータースポーツ“ライブ”の興奮を! 全日本選手権・開催のお知らせ

 日本の頂点を目指してトップ・ライダーが競う全日本選手権シリーズも中盤戦に突入。各カテゴリー、全国で熱い戦いを展開中である。現場でしか味わえない興奮、そして発見を求め、お住まいの近くで開催されるイベントがあれば、是非、足を運んでみてほしい。会場ではレース以外にも様々なイベントも催されているので、ファミリーでの観戦もお薦めだ。


●2015 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第5戦 ツインリンクもてぎ 2&4レース
日程:2015年8月22日(土)・23日(日)
会場:ツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡茂木町)
開催クラス:J-GP2(「 アジア国別対抗ロードレース:FIMアジアカップロードレース」「2015全日本選手権スーパーフォーミュラ第4戦」併催)
問: ツインリンクもてぎ
TEL:0285-64-0001

●2015 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第6戦 オートポリス スーパー2&4レース 2015
日程:2015年9月12日(土)・13日(日)
会場:オートポリス インターナショナルレーシングコース(大分県日田市)
開催クラス:JSB1000(「2015 全日本選手権スーパーフォーミュラ第5戦」「GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race 西日本シリーズ第3戦」「Honda N-ONE OWNER’S CUP 第8戦」併催)
問:オートポリス スーパー2&4レース窓口
TEL: 0973-55-1111


●2015 MFJ全日本トライアル選手権 第5戦 中国大会
日程:2015年9月6日(日)
会場:原瀧山トライアルパーク(岡山県高梁市)
開催クラス: IAS、IA、IB(承認大会:オープントロフィー125cc、レディース、IA OVER50)
問:中国モーターサイクルスポーツ協会(MFJ中国) 
TEL:082-295-6994


●2015 MFJ全日本モトクロス選手権 第8戦 近畿大会
日程:2015年9月12日(土)・13日(日)
会場:名阪スポーツランド(奈良県山辺郡)
開催クラス:IA1、IA2、IBOPEN、レディース(ジュニアクロス 、チャイルドクロス併催)
問:MFJ近畿
TEL:06-6534-6422

2015年8月19日 

■「バイクの日 スマイル・オン2015 」でアピール、これからも“素敵な乗り物”を安全に楽しみましょう!

秋葉原から上野広小路までの約1kmを、警視庁・女性白バイ隊「クイーンスターズ」の先導によりパレード。一般女性ライダーも参加した(※以下写真をクリックすると違う写真が見られるものもあります)。

 26年目を迎える「バイクの日」となった8月19日、「バイクの日 スマイル・オン2015」が開催された。「バイクの日」は1989年、二輪車の社会的認知度の向上や交通安全啓発を目的に、政府総務庁交通安全対策本部が制定したのが始まり。

 ここ数年は日比谷公園(2010年)、新宿ステーションスクエア(アルタ前広場。2011年。前線の影響で局地的な豪雨に見舞われ開催中止)、渋谷 こどもの城(2012年)、お台場エリア(2013年)、浜松(2014年)と様々な場所で展開されてきたが、今回の会場は東京・秋葉原。広く世界的に知られる街を舞台に、二輪業界としては特に多くの若者にバイク情報を発信したいという狙いがあるようだ。

 会場となった「ベルサール秋葉原」では国内4メーカーのモデルや白バイを跨ることができるスペースが設けられる他、ホール内のステージでは各種イベントを展開。老若男女、幅広い層を対象にバイクの楽しさ、そして交通安全啓発が行なわれた。

 また、警視庁・女性白バイ隊「クイーンスターズ」の先導により、女性限定の一般ライダーと共に、上野広小路まで約1kmの区間を二輪車交通安全パレード。日比谷公園での開催以来となるパレードで、世界に誇る日本文化が詰まったビルが立ち並ぶ秋葉原の中央通りで、多くの人々に注目される。

 尚、昨年浜松で「バイクの日」とジョイント開催となった「」が9月12日(土)、熊本県で開催される。バイク産業の振興、発展などを図ることを目的に、バイク業界や地方自治体などがバイクの将来像などに関して真摯に議論する取り組みで、一般ライダーや、そうでない人も気軽に参加可能となっている。

バイクの日

国内4メーカーの代表車種を展示。来場者の皆さん、やはり気になるようでまずは跨ってみる。
ホンダCB&ヤマハFJRの1300cc警視庁白バイを展示。跨りもOKだ。ホール内はバイクアニメの紹介、仮面ライダー&マシン展示なども行なわれた。
日本自動車工業会(自工会)などの二輪業界団体、警察関係者らによる開会式&二輪車交通安全パレード出陣式の様子。 バイクの日 一日親善大使に任命された中野真矢さん、そして古澤 恵さん&延時成実さんというBS11で放送中、大人のバイク時間「」のメンバーによるトークショーを開催。
普通二輪免許をお持ちのフリーアナウンサー・中田有紀さんを迎え、警視庁による交通安全ステージを実施。警視庁は胸部プロテクターの装備を推奨しており、RSタイチ製の軽量かつ装着も簡単な最新プロテクターも披露された。 仮面ライダー・シリーズ40周年を記念して結成されたユニット「」。彼女らのミニライブも開催された。メンバーの半分以上を目標に、二輪免許取得を目指すそうだ。
人気ゆるキャラ「くまモン」が熊本県の観光PR、そして9月12日(土)に実施される「」の紹介に登場。フォーラムの会場は熊本県熊本市 くまもと県民交流館 パレア10Fパレアホールほか。時間は13時~17時30分。
ファッションデザイナーの荒川眞一郎さん、RSタイチのチーフデザイナー・栗栖慎太郎さん、そして56designをプロデュースする中野真矢さんによる「819ファッショントークショー&コレクション」。モデルはMOTORISEのふたり、KAMEN RIDER GIRLの6名。

2015年8月18日 

■BMW Motorrad「NEW S 1000 XR デビューフェア」

 “アドベンチャー・スポーツ”カテゴリーのニュー・モデル「BMW S 1000 XR」の発売(8月21日)を記念し、8月21日(金)から23日(日)まで全国のBMW Motorrad ディーラーにて開催。期間中に商談した人には、夏の暑い時期に活躍する「BMW Motorradオリジナルサンシェード」(四輪車フロントガラス用)をプレゼント。

  ※S 1000 XRの海外試乗記は

BMW Motorrad

2015年8月17日 

■もてぎの夜空の芸術祭「花火の祭典“秋”」は9月23日開催

※写真はイメージ

 “森の中のモビリティテーマパーク”ツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)の 恒例イベントとなっている「花火の祭典」、その秋バージョンが9月23日(水・祝)、国際レーシングコースを舞台に打ち上げられる。

 今回は内閣総理大臣賞にも輝いている名工、茨城県の「野村花火工業」が登場。職人の腕の見せ所であり、高い技量が要求される三重芯の花火から始まり、「芯入り尺玉」を中心に秋色の花を空に咲かせるなど、数々の日本一に輝いた花火約7000発が披露される。開催時間は18時30分から19時10分(予定)。

 前売チケットも販売中。観覧券、VIPスイート入場、テラス席入場(指定席)、食事(デラックスビュッフェ)、フリードリンク(アルコールあり)、記念品が用意される50枚限定「VIPスイートプレミアム」(大人のみ。16,000円)他、様々なチケットが用意されている。

問:ツインリンクもてぎ
TEL:0285-64-0080(チケットセンター)

2015年8月14日 

■バイク旅の醍醐味なども紹介、アクトオンStyle のオリジナル動画「大人のバイクツーリング」

 クルマやバイク、自転車からプラモデルまで、大人の趣味やこだわりのライフスタイルを実現する情報発見サイト「アクトオンStyle」は8月19日(水)「バイクの日」にあわせ、8月14日(金)より8月31日(月)まで、オリジナル動画「大人のバイクツーリング」をメールマガジン会員登録者限定で無料配信する。

 動画ではモーターサイクルジャーナリストの松井 勉氏が、自然豊かなワインディングロードが魅力の信州を旅。前編・後編の2回にわたり、ソロツーリングやキャンプツーリングのポイントを解説。さらにハウツーや便利グッズ、グルメなど、バイク旅の醍醐味なども紹介される。


松井 勉(まつい つとむ):20歳からはじめたオフロードライディングをきっかけにエンデューロレースでモータースポーツの世界を堪能。その後、バイク専門誌やアウトドア雑誌などの取材記者として活躍。バイクの楽しさを伝えるサポーターとして日々活動を続けている。

 また、メールマガジン会員限定でバイク関連グッズのプレゼント応募も実施。

アクトオンStyle

2015年8月14日 

■二輪車の参加、フリーマーケットなどもあり!「第12回 西会津ふるさとなつかしCarショー」出展者も募集中

 9月27日(日)、福島県西会津町「さゆり公園」にて9時30分より開催(14時30分閉会)。雨天決行。イベントを通じ、クラシックカーやオートバイの持つ楽しさ、美しさを多くの人々に知ってもらおうという基本理念 はそのままに、今年で12回目を迎える催しだ。

 内容は●なつかしCar、スーパーカー、発電機、二輪車の展示・表彰●はたらく車大集合●自衛隊車両展示コーナー●にしあいづキャンペーンクルー撮影会●痛車・コスプレコーナー●ラジコン体験コーナー●ボンネットバス、ミニSLの運行●福島ベンチャーズ&SmallMerryライブ●フリーマーケットなど。

 入場料は無料(運営協力金としてクルマ・バイク共に1台500円)となっている。

 8月28日(金)までは展示車、フリーマケットの出展者を募集。参加料は なつかしCar、スーパーカー、発電機部門が3,800円、二輪車部門は3,000円(昼食代、ロータスイン温泉入浴券、お土産含む)。

 アクセスは磐越自動車道・西会津ICよりクルマで7分、JR磐越西線・野沢駅より町民バス・タクシーで約10分。当日は無料シャトルバスも運行される。

問:西会津クラシックカーで元気な町へ実行員会(事務局:西会津町振興公社 総務企画室)
TEL:0241-45-2025
E-mail:[email protected]

2015年8月13日 

■ファミリーで楽しめるプログラムがいっぱい、今夏・最後の“思い出づくり”に! 「BMW Motorrad Days JAPAN 2015」8月29日(土)・30日(日)開催

 「BMW Motorrad Days JAPAN 2015」はBMW MOTORRADオーナーのみならず全国からバイク・ファンが集い、交流を深め、モーターサイクルの楽しさに触れることができるイベント。Hakuba 47 Mountain Sports Park(長野県北安曇郡白馬村)を舞台に、“BMW Motorrad を、知る、楽しむ、体験する、特別な2日間”だ。


昨年の模様

 今年もBMW Motorrad の最新モデルに触れることができる体験試乗会をはじめ、アクロバティックなスタントライディングショー、Hakuba 47 のゲレンデを駆け上がる恒例のヒルクライム、そしてファミリーで来場しても楽しめる様々なプログラムが用意される。入場無料。


日時
8月29日(土) 10時~21時
8月30日(日) 8時30分~15時

主なプログラム
●K 1600 GTLカスタムプロジェクト展示
●ニューモデル&ライダーエクイップメント展示
●GSトロフィーPRブース
●鈴鹿8耐参戦マシン展示
●白馬村復興支援募金受付
●Mission:Impossible展示 

●オンロード試乗会
●オフロード試乗会
●オフロードタンデム試乗会
●体験試乗会
●スタントライディングショー with GIBSON
●交通安全パレードラン(29日)
●レディース試乗会(29日)
●ビギナー/タンデム試乗会(29日)
●S1000RRキッズバイクスプリントレース(29日)
●BMCJライダートレーニング(30日)
●ヒルクライムコンテスト(30日)
●キッズ向けバイク体験(30日)

●下北沢音楽祭アーティストステージ(29日)
●MINI抽選会(29日)
●ヘリコプター搭乗券プレゼント抽選会(29日)
●ミュージックライブパーティー(29日)
●打ち上げ花火(29日)
●全員集合! 記念撮影会(30日)

●ゴンドラ無料開放
●クライミングウォール
●バンジートランポリン
●魚つかみどり
●冒険の森アスレチック
●そりゲレンデ
●世界の昆虫展
●おばけ屋敷
●MTB専用コース体験(自転車)
●足裏マッサージコーナー
●レディースサポートスクエア ビューティーケアコーナー
(ネイル・ハンドマッサージ)(29日  女性専用)
●足湯コーナー
●大道芸パフォーマンス/ストリートライブパフォーマンス
●託児所(1歳~未就学児童)
●ぬりえコーナー
●バイクで合コン produced by CRETE(29日)
●長野県観光PRブース
●エンジン解体ショー(29日)
●「旅の武勇伝トークバトル」 produced by BMW Motorrad Journal(29日)

●白馬豚の丸焼き 無料配布(30日)
●きのこ汁 無料配布(30日)

問:BMW カスタマー・インタラクション・センター
TEL:0120-269-437
(スペシャル・ウェブサイト)

2015年8月12日 

■若手GPライダー必須ゲーム・ソフト「MotoGP(TM)15」間もなく日本発売!

「MotoGP(TM)15」:PS4、 Xbox One向けは7,800円(税抜)、PS3、Xbox 360向けは6,800円(税抜)。


「MotoGP(TM)15」メディアブリーフィング会場にて、ゲストの中野真矢氏を挟んでインターグローの竹内茂樹 代表取締役社長、ローカライズプロデューサーの三谷真央さん。

 6月に発売された「」に続き、インターグロー社はモータースポーツ・レーシングゲーム「MotoGP(TM)15」を発表。9月17日発売予定となっている。MotoGPの商標権をもつドルナスポーツ公認のソフトとして日本発売は2007年以来となる。

 「RIDE」同様にイタリアのマイルストーン社が開発、ゆえにそのリアリティ溢れる操作感覚が特徴だが、走行ラインが提示されたり、ギアシフトがオートになるなど、初心者でもお手軽にレースを楽しむことができるモードも用意。その日本語版をインターグロー社が監修するもので、2014~2015年シーズンのMotoGP、Moto2、Moto3クラスに参戦する実在チーム、ライダー、マシンのデータを収録。もちろん、今年MotoGPクラスに復帰したスズキ、アプリリアも登場する。

 目玉は、Moto3からキャリアを重ねていきMotoGPクラスまで上り詰めていくモード。モーターホームが再現されたり、エンジニアとセッティングについて会話することも可能だ。


「MotoGP(TM)15」のメディアブリーフィングには元世界GPライダーの中野真矢氏がゲストとして登場。サスの沈みこみによる荷重変化が再現され、操っている感が味わえるとの感想を述べていた。これまで世界GPを戦った名レーサーもデータとして収録されており、現役ライダーとの“夢の対決”も可能。中野氏のライダーとしてのデータ、カワサキ・ファクトリー時代に操ったNinja ZX-RRも収録されている。 


 ちなみにドルナスポーツによると、経験の少ないMoto3、Moto2ライダーはゲームでコースレイアウトを覚えるらしく、今やゲームがないと実戦で戦うことはできない時代だとか。そんなゲーム・ソフトの最新版「MotoGP(TM)15」はPS4、PS3、Xbox One、Xbox 360向けがラインナップされる。

インターグロー


MotoGP™15©2015 Published and Developed by Milestone S.r.l. All rights reserved.
Copyright c 2015 Dorna Sports S.L. – All rights reserved.
Licensed and published in Japan by Intergrow Inc.

proffitness.com.ua/category/svobodnye-vesa/ganteli/

У нашей компании авторитетный блог с информацией про купить силиконовый шланг https://sweet-smoke.com.ua/aksesyary/shlangy
https://tsoydesign.com.ua/interiors/interer-restoranov/