MBニュース&トピック

 

2015年9月4日 

■ショップオープン情報「トライアンフ神戸」

 トライアンフモーターサイクルズジャパンの新しい正規販売店としてグランドオープン。トライアンフの店舗としては国内最大級、180㎡の面積を誇り、ショールームには国内3店舗目となるブラックを基調とした最新のCIに基づく家具・什器を導入。サービスファクトリーはガラスで仕切られ、愛車の作業を見ることができる設計に。大画面のスクリーンにより最新の情報や映像の他、バイクの仕様やアクセサリー/クロージングの検索、バイクゲームなどが楽しめる「コミュニケーション・ウォール」を店舗内に設置。気軽に来場でき、ゆっくりと時間を過ごすことができる工夫も施される。9月19日から23日までの期間は「秋の大試乗会」を実施。トライアンフ最新モデルの展示車、豊富な純正アクセサリー/クロージングと共に、トライアンフモデルの全カテゴリを網羅した計8台の試乗車、そして来場記念品、成約記念品が用意される。

兵庫県神戸市東灘区本山中町1-11-22
TEL:078-412-7007
営業時間:10時~19時
定休日:毎週火曜日

2015年9月3日 

■女子選手を多く採用予定「オートレース第33期選手候補生」を募集

 ロードレースやモトクロスのチャンピオン経験者も活躍中であるオートレース。その「第33期選手候補生」を9月7日から10月19日までの期間、募集する。


●オートレース第33期選手候補生募集の概要

1.募集予定人数    20名(女性10名程度)

2.応募受付期間   平成27年9月7日から同年10月19日までの間(郵送の場合は締め切り日の消印まで有効)

3.応募資格
(1)一般応募の方(主な応募資格)
①平成27年8月24日現在、満16歳以上の者
②運転免許証を有する者(原付も可)
③体重60kg以下の者
④両眼とも裸眼視力0.6以上で、色神異常でない者

(2)特例応募の方(競技実績が①~④のいずれかに該当する方)
①平成24年1月1日から平成26年12月31日までの間に、FIM公認のロードレース世界選手権、モトクロス世界選手権、トライアル世界選手権、又はエンデューロ世界選手権出場者

②平成24年1月1日から平成26年12月31日までの間に、MFJ主催又は公認の全日本ロードレース選手権シリーズもしくは全日本モトクロス選手権シリーズ (IAクラス)における年間ランキングが、いずれかのクラスで10位以内の者。

③平成24年1月1日から平成26年12月31日までの間に、MFJ主催又は公認のトライアル(IAスーパークラス)、スノーモービル(A級スーパークラス)、スーパーモタード(S1PRO)、エンデューロ(インターナショナルAクラス)競技の全日本選手権における年間ランキングが、いずれかのクラスで5位以内の者。

④平成27年9月7日より過去2年間に、スポーツ競技(モータースポーツ(四輪競技)、陸上、サッカー、野球、レスリング、ボクシング等)において優秀な成績を収めた者で、本財団が認める者

※(1)①、②、④の資格に全て合致し、かつ(2)①から④のいずれかに該当する方は、特例措置として、応募資格のうち体重が65kg以下に緩和されるとともに、第1次試験の一部が免除されます。また、受験料は、第1次試験は無料とし、第2次試験の際は、5,000円を指定口座へ振込みとなります。なお、特例応募の方は、競技成績証明書の提出が必要となります。

4.願書の入手方法
  従来、願書配布につきましては、本財団等より書類を配布しておりましたが、今回より、オフィシャルHPからダウンロードする方法に変更致します。
  本年9月1日より、HP上からのダウンロードが可能となります。
  なお、願書の配布(郵送)は行っておりませんので、ご了承下さい。
★オートレースオフィシャルHP   

5.応募要領(提出する書類)
(1)願書(履歴書、健康診断書)
(2)運転免許証の写し(表・裏)
(3)脱帽上半身の写真(縦5cm×横4cm、3ヵ月以内に撮影したもの)3枚
(4)住民票記載事項の証明書
(5)受験料振込証明書の写し

6.受験料
 10,000円(指定口座へ振込)

7.試験日(第1次試験)
(1)東京会場(東京都内)
平成27年12月1日~8日のうちいずれか1日となります。
(2)福岡会場(福岡県飯塚市内)
平成27年12月14日~18日のうちいずれか1日となります。
※第2次試験は、平成28年3月上旬~中旬に、オートレース選手養成所にて実施予定。

8.試験科目
(1)第1次試験
適性検査(性格・心理・運動機能)
(2)第2次試験(第1次試験合格者)
①面接  ②身体精密検査  ③体力検査  ④技能検査 ⑤人格・素行検査

9.養成(教育)期間
平成28年10月1日から平成29年6月30日までの9ヶ月間を予定。
(各レース場での実地訓練を含む)

10.選手養成所入所時の候補生の費用負担
養成期間中の食費等諸経費の一部120万円を負担していただきます。

11.問い合わせ先
公益財団法人JKA オートレース選手養成所
TEL:03‐3570‐5511

2015年9月3日 

■ドゥカティ スクランブラーの世界を体験!「Ducati Japan Presents The Land of Joy @ Nagano」

 今年6月にデビューしたドゥカティ スクランブラーの楽しみは、乗ることはもちろん、スクランブラーで訪れた先で多くの人との時間を共有することも含まれる。「The Land of Joy」はそんな時間を体験できるイベントだ。

 10月4日(日)にはドヵティジャパン主催により、駒ヶ根高原家族旅行村アルプスの丘(長野県駒ヶ根市)にて開催される。時間は9時から15時まで。

 当日はスクランブラーのTest Ride (試乗車:ICON 5台) 、展示 (ICON / Classic / Urban Enduro / Full Throttle) の他、ツーリングキャンプ講座、大自然の中で煎りたて“コーヒー焙煎”体験などを実施。

 スクランブラーのオーナー限定で「オーナーズグッズ」を、来場者には全員に「スクランブラーグッズ」「併設温泉施設 割引券」をプレゼント。

●その他「The Land of Joy」開催スケジュール

「The Land of Joy @ BikeJIN祭り 北海道・白老」(主催:エイ出版社)
実施日:9月6日(日) 9時30分~16時(予定)
会場:学校法人日本航空学園白老滑空場 BikeJIN祭り@北海道・白老会場内 (北海道白老郡白老町字北吉原516 )
展示車: スクランブラーICON / Classic / Urban Enduro / Full Throttle
試乗車: スクランブラーICON 2台
特典:スクランブラーで来場した人全員にスクランブラーグッズをプレゼント

「The Land of Joy @ AUTOPOLIS SUPER 2&4 RACE 」(主催:オートポリス)
実施日: 9月12日(土)・13日(日)
場所: オートポリス AUTOPOLIS SUPER 2&4 RACE 2015 PRブース内(大分県日田市上津町上野田1112-8)
展示車: スクランブラーICON / Classic / Urban Enduro / Full Throttle
特典:スクランブラーで来場した人全員にスクランブラーグッズをプレゼント

2015年9月2日 

■マルケスとペドロサが「CBR250R Dream Cup DUNLOP杯 ビギナーチャンピオンシップ」出場へ!

Repsol Honda Teamのマルク・マルケスとダニ・ペドロサ

 ホンダ・ファクトリーチーム(Repsol Honda Team)のマルク・マルケスとダニ・ペドロサ。ロードレースの世界最高峰・MotoGPを戦う2人のスペイン人ライダーが、12月6日(日)にツインリンクもてぎで開催予定「CBR250R Dream Cup DUNLOP杯 ビギナーチャンピオンシップ」に出場することとなった。

 2人が出場するレースはビギナークラスの全国大会。参加者が世界最高峰クラスの「走り」を直接肌で感じることで、レースに対する情熱を高めてもらいたいという主旨だ。「Team HRC」からのエントリーで、マシンはレギュレーションに従った仕様のCBR250R。もちろん、章典外となる。

マルク・マルケスのコメント
「CBR250Rでレースをしないかという話をもらって、最初は驚きました。でも、主旨を聞いて、今はレースを始めた人たちと一緒に走ることを楽しみにしています。皆さん、もてぎを目指して頑張ってください。是非、一緒に走りましょう」

ダニ・ペドロサのコメント
「この話を聞いて、とても素敵な企画だと思いました。モータースポーツの底辺拡大は重要なことであり、私がそれを手助けできることに興奮します。本番では、手を抜かずに最高のパフォーマンスを見せたいと思います。皆さん、もてぎで会いましょう」

2015年9月2日 

■トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン「フォーエバー クラシックフェアー」

 9月5日より10月25日までの期間、全国のトライアンフ正規販売店にて実施。

 トライアンフモーターサイクルの“象徴”のひとつであり、まさに“これぞバイク”といった伝統あるスタイリングを、年を経ながら基本的に変化させず現在につなげているボンネビルをはじめとするクラシックシリーズを「見て、感じて、体験」するフェアーだ。

 フェアー期間中に来店、アンケートに回答すると今治製「マフラータオル」をプレゼント(数に限りあり)。

 また、車両を安全に保管できる人を対象に、クラシックシリーズの素晴らしさを無料で約1ヶ月間体験できる「ボンネビルモニターキャンペーン」を9月5日から27日までの期間募集(実際のモニター期間は10月10日から11月8日)。モニターキャンペーンの応募は下記ウェブサイトにて。

今治製の高級マフラータオル(イメージ)


モニターキャンペーン応募ウェブサイト

2015年9月2日 

■ロマン・フェーブル&ヤマハがモトクロス世界最高峰でチャンピオン獲得!

 「YAMAHA FACTORY RACING YAMALUBE」 からYZ450FMを駆り、モトクロス世界選手権の最高峰・MXGPクラスに参戦する元ヨーロッパチャンピオン、ロマン・フェーブルが、8月30日に開催されたオランダGPで総合2位を獲得。2015年シーズンのシリーズチャンピオンに輝いた。ヤマハにとって最高峰クラスのチャンピオン獲得は、2003年にMXGPクラス(一時MX1クラス)が誕生して以来、通算7回目となる。

 現在 23 歳のフェーブルは、ヤマハ加入とともに今シーズンから MXGP クラ スにステップアップ。第 6 戦のスペイン GP では総合 3 位とし初の表彰台を獲得。その後、第 16 戦オランダ GP ま で 11 戦連続で表彰台に立ち、12 回のヒート優勝、6 回の総合優勝という活躍で、シーズン終了まで 2 戦を残し、自身初、ヤマハにとっては 2009 年以来となる世界チャンピオンとなった。

ロマン・フェーブルのコメント
「スタートさえ決めれば表彰台に立てること、そしてポラン(ホンダ)の前でフィニッシュすればチャンピオンになれることがわかっていた。第 1 ヒートではそれができなかったが、第 2 ヒートのスタートはうまくいって、ライバルをかわし勝利するとともに、2015 年の世界選手権を制することができた。皆にいくら感謝しても足りないほどで、 特にチームは、昨年の冬にチャンスをくれ、そしてすばらしい仕事をしてくれた。本当にすごくうれしいよ」

2015年9月1日 

■ショップオープン情報「タイラレーシング」

 日本のみならず世界のロードレース・シーンで活躍した平 忠彦氏が浜松で運営、今年で創業30年を迎える「タイラレーシング」が9月1日よりハスクバーナの取り扱いを開始、東海地方初の正規販売店としてオープンとなった。店舗は東名高速・浜松西インターより約2.5km。尚、10月31日(土)まではオープニングフェアを開催。

静岡県浜松市中区高丘西1-12-7
TEL:053-437-2125
営業時間:10時~19時
定休日:毎週火曜日、第2・3水曜日

2015年9月1日 

■ハーレーダビッドソン2013-2015年式モデル12車種のリコール(平成27年9月1日届出)

 対象車両は型式EBL-FLHM(通称名: ストリートグライド)の車台番号5HD1KBMEXEB600317 ~ 5HD1KBME3EB706818(輸入期間:平成25年9月4日~平成26年10月10日)の1039台、型式KBM(通称名: ストリートグライド)の車台番号5HD1KBME8EB600686 ~ 5HD1KBME2EB604281(輸入期間:平成25年8月1日~平成25年8月5日)の2台、型式EBL-FLHL(通称名: ウルトラ リミテッド)の車台番号5HD1KELE7EB600326 ~ 5HD1KELE1FB676531(輸入期間:平成25年7月30日~平成27年6月4日)の528台、型式EBL-FLHL(通称名: エレクトラグライド ウルトラ クラシック ロー)の車台番号5HD1KFLEXFB600103 ~ 5HD1KFLE1FB686739(輸入期間:平成26年8月28日~平成27年6月18日)の105台、型式KFL(通称名: エレクトラグライド ウルトラ クラシック ロー)の車台番号5HD1KFLE8FB600438 ~ 5HD1KFLE6FB600566(輸入期間:平成26年7月28日~平成26年7月29日)の2台、型式EBL-FLHL(通称名: ウルトラ リミテッド ロー)の車台番号5HD1KKLE5FB600292 ~ 5HD1KKLEXFB676316(輸入期間:平成26年8月6日~平成27年6月4日)の227台、型式KKL(通称名: ウルトラ リミテッド ロー)の車台番号5HD1KKLE6FB600365 ~ 5HD1KKLE4FB601756(輸入期間:平成26年7月24日~平成26年8月28日)の2台、型式EBL-FLHM(通称名: ストリートグライド スペシャル)の車台番号5HD1KRME9FB600111 ~ 5HD1KRME3FB688542(輸入期間:平成26年8月28日~平成27年6月18日)の766台、型式KRM(通称名: ストリートグライド スペシャル)の車台番号5HD1KRME7FB600110 ~ 5HD1KRME7FB600401(輸入期間:平成26年7月24日~平成26年7月28日)の2台、型式EBL-FLHL(通称名: エレクトラグライド ウルトラ クラシック)の車台番号5HD1KSLE5EB600341 ~ 5HD1KSLE1FB657833(輸入期間:平成25年7月30日~平成27年6月3日)の260台、型式EBL-FLHM(通称名: ロードグライド スペシャル)の車台番号5HD1KTME0FB600088 ~ 5HD1KTME4FB689017(輸入期間:平成26年7月24日~平成27年6月18日)の392台、型式KTM(通称名: ロードグライド スペシャル)の車台番号5HD1KTME3FB600537 ~ 5HD1KTME0FB602357(輸入期間:平成26年7月28日~平成26年8月6日)の2台、型式PG8(通称名: CVO™ ロードキング)の車台番号5HD1PG8E1EB950086 ~ 5HD1PG8E9EB963247(輸入期間:平成25年9月05日~平成26年8月21日)の162台、型式PXN(通称名: CVO™ ストリートグライド)の車台番号5HD1PXNEXFB950030 ~ 5HD1PXNE9FB962377(輸入期間:平成26年8月6日~平成27年7月10日)の441台、型式EBL-FLHM(通称名: ロードキング クラシック)の車台番号5HD1FRME0EB600226 ~ 5HD1FRME0FB670827(輸入期間:平成25年9月4日~平成27年5月11日)の331台、型式FRM(通称名: ロードキング クラシック)の車台番号5HD1FRME9EB604517 ~ 5HD1FRME6EB604524(輸入期間:平成25年8月5日)の2台、型式TAN(通称名: CVO™ ロードグライド ウルトラ)の車台番号5HD1TANE1FB950068 ~ 5HD1TANE1FB962401(輸入期間:平成26年8月6日~平成27年7月10日)の138台、型式TEN(通称名: CVO™ リミテッド)の車台番号5HD1TENEXEB950088 ~ 5HD1TENE5FB954647(輸入期間:平成25年9月26日~平成27年1月28日)の306台、計12型式、計12車種、計4707台。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「サドルバッグを車体に固定する固定具の強度が不足しているものがあるため、固定具が破損するものがある。そのため、サドルバッグが脱落し、最悪の場合、他の交通の妨げとなるおそれがある」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、サドルバッグの固定具を対策品と交換する」という。

 改善箇所説明図は

問:ハーレーダビッドソン ジャパン カスタマーサービス
TEL:0800-080-8080

2015年8月31日 

■ヤマハが“BLUE CORE”エンジン搭載モデル 新型「Fino125」をタイ市場に導入

 ヤマハ発動機株式会社は、“Lively Fino 125”をコンセプトに開発した125ccスクーターの新製品「Fino125(フィーノ125)」を、2015年9月中旬からタイ市場に導入すると発表した。

 今回の「Fino125」には、走りの楽しさと燃費・環境性能の両立を具現化する“BLUE CORE”思想に基づき開発した空冷125ccエンジンを搭載し、現行「Fino」の115ccから排気量をアップしながらも従来同等の燃費と走行性を両立させているという。2014年導入の「Grand Filano」、2015年導入の「GT125」に続く“BLUE CORE”エンジン搭載モデルだ。

「Fino」は、2006年の導入以来、ファッション性の高いAT(オートマチック)スクーターとしてタイの幅広い年齢層のユーザーから人気を得ているモデルで、2013年にはモデルチェンジを行い、FI(電子制御式燃料噴射装置)を採用し低燃費化に加え、スタイル、諸機能をさらに充実させた。初代から9年を経た今でも、「Fino」はタイにおけるヤマハの主要モデルとなっている。

 今回の新型「Fino125」は、1)ダイヤモンドカットレンズのLEDヘッドライト、2)“BLUE CORE”エンジンにベストマッチした新フレーム、3)FinoDNAをしっかりと引き継ぎつつ、ディテールにこだわった高級感あるスタイリングなどを特徴としているという。また、タイで流通しているエタノール混合燃料(E85)にも対応しているという。10代後半から40代と幅広い年齢層のユーザーに提案する進化した新生「Fino」により、ヤマハはタイ市場における販売拡大を目指している。ちなみに製造、販売はタイのグループ会社TYM(Thai Yamaha Motor Co., Ltd.)が行う。販売計画は発売から1年間で72,000台(タイ国内)。

カラーはグレー、グリーン、ブラックの3色。 ブラックにはキャストホイールモデルも。価格はオープンプライス。

■ヤマハ発動機 

2015年8月31日 

■荒川静香さんをゲストに招き、女性ライダー同士の交流を!「第1回レディースライダーミーティング」

 10月17日(土)・18日(日)の2日間、ヤマハリゾートつま恋(静岡県掛川市)にて開催。バイク乗車に不安を感じる女性向け「サポートレッスン」の開催、トリノ五輪・金メダリストの荒川静香さんを〔JAPAN CRUISINGアンバサダー〕に起用するなど、ヤマハ発動機販売が行なう“女性ライダー拡大・支援のための活動”の一環として実施される。

 イベントは現在バイクに乗っていない人、二輪免許を持っていない人でもバイクに興味のある女性なら参加OK。当日はニューモデルの展示・試乗会やワンポイントレッスン、女性向けアパレルの展示・試着、日頃のバイクライフに困っていることへの相談コーナー、そして荒川さんとのミニツーリングなどを予定。

 また、宿泊者には特典として荒川さんとの夕食パーティを開催。トークショーや静岡名産品獲得じゃんけん大会などが行なわれる。

●開催日時
10月17日(土) 13時~16時
10月18日(日) 9時~12時

●会場
ヤマハリゾートつま恋(静岡県掛川市満水2000)

●対象
女性ライダー(所有バイクメーカー不問)

●参加費
来場:無料
宿泊&パーティ参加の場合:1名15,000円(税込。4名1室)

●宿泊申込
JTB中部 浜松支店(TEL:053-454-6981 担当:高橋)
宿泊の申し込み締め切りは9月18日(金)

第1回レディースライダーミーティング

 
 

https://cialis-viagra.com.ua/kak-dolgo-deistvuet-kamagra

http://steroid.in.ua